サルチル酸を使用したケミカルピーリングと美白効果

ピーリングは皮を剥ぐという意味の英語ですが、美容クリニックなどの医療機関で行うケミカルピーリングは、薬剤を使用して皮膚表面の古くなった角質層を除去するものです。
ケミカルピーリングには、一般的にサルチル酸やグリコール酸等の薬剤が使用されますが、それぞれに異なった特徴があります。
グリコール酸は果物から抽出された成分で、皮膚科のピーリングではポピュラーに使用されているものです。20%~80%の濃度のグリコール酸を皮膚に塗ることで、角質間の脂質の結合を弱める効果があり、皮膚表面の死んだ角質層が剥がれやすくなり、ニキビ、ニキビ跡などの予防・改善に効果があると言われています。グリコール酸のピーリングは、柔らかな効果があるものですので、一度の施術ではなく繰り返しピーリングを行うことが必要です。また、薬剤を塗布した時に刺激を感じる、施術後に赤発、痒みなどの酸の刺激症状が出ることがあります。

サルチル酸は、人工的に作られた薬剤ですが、基材であるマクロゴールが皮膚深部に酸が浸透することを防ぎます。皮膚表面の角質層のみを溶解しますので、ケミカルピーリング施術後に皮膚が赤くなる、皮が剥けるなどの皮膚トラブルがありません。また、化学的薬剤ではありますが、血液中に吸収されることが無いので副作用の心配もありません。
グリコール酸ピーリングに比べて肌に与える刺激が少ないので、高濃度で使用することが出来るため、より高い、美肌、美白の効果が期待できると言われています。

オススメサイト→美白

グリコール酸のケミカルピーリングで美白を取り戻す

年齢を重ねるとともに肌の悩みも増えてきます。くすみやシミなどが気になっている人も多いはずです。多くの女性が美白を目指し、食べ物に気を使ったり、基礎化粧品を変えてみたり努力しているものですが、思うような成果が現れない場合も多いものです。美しいの肌を取り戻すのに適しているのが、ケミカルピーリングです。これはグリコール酸によるピーリングの事です。グリコール酸とは、αーヒドロキン酸の無色無臭の吸湿性の結晶で、水に溶けやすい物質です。そして、これが細胞の代謝をあげて古い角質の代謝を促し、新たな細胞更新が早くなり、その結果肌トラブルが改善されるという優れものです。これを使ったピーリングが美白に最適なのです。肌のくすみの原因は、紫外線、ホコリによる汚れ、老化などによって肌の新陳代謝の周期が乱れ、肌の角質が蓄積されることによるものです。ピーリングはこういった肌の状態を一度リセットし、新しい肌を作るという治療です。肌の角質を無理に落とすのではなく、グリコール酸によって浮かせて落とすものです。そのため、古い角質や肌の汚れのみを落とし、その角質に付着したメラニンを取り除き、シミくすみを改善ことができるのです。又、ケミカルピーリングをすることによって、肌が美白へと導かれるだけでなく、肌の代謝がアップするので肌周期のサイクルが正常化される利点もあるのです。肌周期が正常に行われれば、シミやくすみなどの汚れが自然に排出されていくのです。そして肌の若返りになるという大変うれしい結果が出るのです。

美白エステによるホワイトニングとは

人は年齢とともに肌にくすみやシミが目立ってくるため、肌を美しく保つ事は女性にとっては永遠のテーマです。近年は美白ブームで、エステでも肌を白く保つケアに人気が出てきています。個人で使用できる製品もいろいろ出ていますが、エステでの肌のホワイトニングとは、どのようになっているのでしょうか。まず使用する代表的な成分としてはハイドロキノンを用いたケアが挙げられます。この成分はアメリカでは最もポピュラーなものです。そしてこの方法では前述のハイドロキノン配合のクリームを使ったシミのケアをしています。そしてもう一つの方法が、ケミカルピーリングです。ピーリングは肌の古い角質をはがしますが、フルーツ酸やサリチル酸などの化学物質を用いて表皮の外側をはがして行き、肌の再生能力を利用して新しい肌の再生を促し、肌のシミを改善していきます。同じくピーリングで使用する物質には他にもあり、りんご酸、トリクロル酢酸、アルミニウムの粉を使用する方法があります。これらのケアに使われているホワイトニングの材料は病院の皮膚科で使用する成分よりは濃度は低めになっています。また、最近では、肌にもっとやさしくしたいという事で、和漢エステも人気があります。和漢植物エキスを配合した成分で、シミのもとであるメラ二ンの生成を抑えるユキノシタエキスや、肌の再生作用があるブクリョウ、抗酸化作用のあるドクダミエキス、血行促進して新陳代謝を高める効果のあるトウキエキスなどが用いらています。以上が美白によるホワイトニングの代表的な方法です。

美白を目指すならエステでフォトフェイシャルの施術がおすすめ

年齢を重ねると共に新陳代謝が落ちて肌はどんどん老化していきます。
法令線などのシワや顔のたるみ、そしてシミやソバカスが表面化してきます。
肌の老化は止める事は出来ません。
しかし、老化を緩やかにする事は出来るのです。
顔のシワやたるみは20代後半から減少するコラーゲンの影響です。
そのコラーゲンを補う為、コラーゲンが多く含まれている手羽先や豚バラなどの食品を積極的に多く摂取する必要があります。
また、食品で補えない場合はサプリメントやコラーゲンドリンクで補う事も出来ます。
シミについては美白用化粧品などを使用すると効果は出ます。
しかし、美白用化粧品は効果が出るまで時間がかかります。
継続して使用する事で効果が発揮されるのです。
即効性を求めるならエステサロンでのフォトフェイシャルがお勧めです。
フォトフェイシャルの光で色素が沈着している部分を浮き上がらせて、施術後数日でシミやソバカスが剥がれ落ちるのです。
また、赤ら顔や毛穴の開き、目尻のシワにも効果があります。
シミ治療だとレーザー治療もお勧めですが、フォトフェイシャルはシミ一点だけでなく、顔全体のあらゆる肌トラブルに有効な効果が出るのが最大のメリットです。
しかし、1回の施術だけではなく、個人差はありますが3週間置き位に5回ほど治療を行う必要があります。
レーザー治療は大体1回のの治療でシミが取れる事を考えると時間がかかるでしょう。
30代を超え、シミだけでなくシワやたるみ、毛穴の開きなど色々な悩みを抱えている方にはとてもお勧めです。

美白のためにエステでケミカルピーリング

ケミカルピーリングは、皮膚科や美容クリニックなどで、グリコール酸やサリチル酸などを塗布して皮膚表面の角質層を除去するもので、ニキビやニキビ跡の予防・改善を目的とした皮膚剥離治療として行われています。使用される薬剤はフルーツから抽出したグリコール酸や人工的に作られたサリチル酸マクロゴール等が一般的です。

エステティックサロンで行う美白エステは、美白成分ハイドロキノンを使用したホワイトニングです。ハイドロキノンは美容業界の先進国アメリカでは即効性のある美白成分として一般的に使用されています。ハイドロキノンは、シミの原因であるメラニン色素の発生を抑制する働きがあるため、シミ改善効果がありハイドロキノン配合のクリームを用いてシミのケアをすることが出来ます。
また、エステティックサロンにおいても、ケミカルピーリングを行うところがあります。ピーリングで古くなった角質を除去し、新しい細胞の成長を促すことで、肌細胞ののターンオーバーが正常に働き、様ざまな皮膚トラブルを改善すると言われています。
ブライダルケアに背中や身体のニキビ、ニキビ跡、黒ずみを取りのぞくピーリングは、一般的に利用をされています。

ただし、ケミカルピーリングは、皮膚に直接薬剤を塗布するもので、酸による刺激でトラブルを起こすこともあり、厚生労働省では、医療機関でのみ施術が行えるとしています。サロンでは皮膚トラブル被害の改善・検討を迫られています。

もっとも強力な美白成分、ハイドロキノンとは

美白に効果がある美容成分は数多くありますが、その効果の点で最も強力とされている成分がハイドロキノンです。一般的に良く化粧品に配合されている成分の多くと比べて、100倍以上の美白効果があるとされているほど、その効果は高く、病院で処方されるシミ治療の塗り薬の有効成分にも、使用されている成分です。一般的な美白成分の多くは、メラノサイトに働きかけてメラニン色素の働きを活性化させる酵素、チロシナーゼの働きを弱めるものですが、ハイドロキノンはそれに加えてメラノサイトの数そのものを減少させる働きも持っているのです。
 しかしながら、美容成分の中では、比較的、刺激が強い成分であるため、かぶれや炎症を比較的起こしやすいこと、濃度が高い製品を使い続けた場合、逆に使用箇所が白斑になるケースがあることなど、副作用が起こりやすい成分であるため、化粧品への応用は、我が国では必ずしも盛んではありません。
 ただ、トラブルを防ぐために、厚生労働省は化粧品への配合割合を2%以内と定めています。その範囲であれば、肌が極端に弱い方でなければ、長期の使用でも大きなトラブルが起こることはまれだと考えられます。ですから、ハイドロキノン入りの化粧品を使用するのであれば、必ず国内の正規品を使用するようにしましょう。そのことが、安全に肌の白さを手に入れる事につながります。また即効性を求めるのであれば、皮膚科で塗り薬を処方してもらうのが一番です。その場合は、医師の指示をきちんと守って使用しましょう。

美白効果と毛穴の黒ずみをなくすピーリング

ピーリングとは古くなった角質や肌の表皮を剥ぐことです。こうすることで新しい皮膚の再生を促進することができますので、美しい皮膚を取り戻すことができます。方法としては、市販のジェルを用いる方法とケミカルピーリングという方法があります。市販のジェルは家庭で使用可能ですので、ご自分で手軽にできます。また、エステサロンでも行っているところもあります。ケミカルピーリングは大変強い酸が含まれた薬品を使用しています。そのため、医療機関でのみ行っています。エステサロンでも行えません。ですので、ご自分で行う方法やエステサロンで行う方法と皮膚科やクリニックなどの医療機関で行う方法では効果の違いがあります。ご自分で行う場合、ジェルの効果が低いため完全に角質や肌の表皮を剥ぐことが難しく、その後の保湿も不十分になる場合があり、上手く皮膚の再生が進まないことがあります。エステサロンでも市販のジェルと同等のものを使用しているため、効果は低いです。しかし、後の保湿はしっかりしてくれますので、ご家庭で行うよりは効果的です。医療機関で行う場合はシミ、ニキビ、毛穴の開き、黒ずみ、乾燥肌、オイリー肌を改善する効果や美肌、美白効果があります。ただし、強い酸を使うので、肌にあったものを使用しないと肌トラブルが起こることもあります。医療機関ではカウンセリングをしてからの施術となりますので、きちんと受ける必要があります。施術を受けたあとは表皮が剥がされていますので、乾燥しやすい状態にありますので保湿きちんとを行い、また、日焼けをしやすくなっていますのでUVケアが必要です。

色素沈着によるくすんだ肌にピーリングをして美白肌

メイクをする上で肌の白さというのは、そのメイクを引き立てる最大の「演出家」です。
しかし、顔の肌の色は実は、均等ではありません。部分部分によっては、肌の色が濃かったり、薄かったりします。
主に、顔の凹凸の中でも、高い部分は紫外線を浴びやすく、シミやソバカスができやすい部分でもあります。
さらに、目の周りや口周りは、皮膚の薄さが他の部分に比べて薄いので、古い角質などがきちんとターンオーバーできていなければ、くすんで老け顔に見えがちです。
顔全体を明るく白く見せる為には、この部分をクリアにして、美白肌を目指しましょう。
この美白肌を手に入れる為に、スペシャルケアとしておすすめなのが、週に一度のピーリングです。

加齢と共に、古い角質を剥がれ落させる力は弱まってきます。
若いときは、身体の新陳代謝が活発なので、適度な運動と健康的な食事、たっぷりの睡眠を取れば、肌の生まれ変わりは自然に行われますが、加齢とともに、そのペースは落ちていきます。
そこで、それを助ける為にも、古い角質を、マイルドなピーリング化粧品などで取り払って、新しい皮膚を作り出すのを手助けしましょう。
そうすることで、新しい肌がどんどん作られていき、シミやソバカス、くすみなど色素沈着を起こしてしまい、肌を暗く見せてしまっている古い角質を取り除くことができます。
もちろん、それに伴って、毎日のスキンケアも大切です。新しく出来た肌に十分な栄養を与えれば、肌はよろこんで再生してくれます。

運動することでクマが改善し美白肌になります

寝不足や運動不足など様々なことが原因となり、目の下にクマができることがあります。
これがあるだけで、目の下に影ができているようにも見えるので、顔全体が与える印象も暗くなってしまいます。
そのため、他人がその顔を見たとき、とても疲れている人と受け取ってしまう可能性もあります。

このような悪いイメージしかない症状は、目の周りの血行が悪くなっていることにより起こると言われていますから、その症状を改善させるためには、血液の流れをよくしてあげることが必要です。

まずは目の運動を心がけるようにします。
普段はまばたきをするときくらいしか動かさない部分ですから、意識して大きく見開いたり、視線を上下左右に動かしたりすることも効果的です。

これだけで随分目の周りの血行が促され、くすみのようなクマも次第に薄くなり美白肌になることができます。
とはいえ目の周りだけの血流がよくなっても、それは一時的なものであり、体全体の血行が悪ければ、またすぐに同じ症状を繰り返すことになってしまいます。

これを根本から改善させるには、ライフスタイルの見直しももちろん大事なことなのですが、軽い有酸素運動でいいので日ごろから体を動かすように心がけることも効き目があります。
体全体のめぐりがよくなれば、必然的に顔の血液の流れもよくなりますから、少しの睡眠不足だけでは簡単にクマができなくなります。

酸素を体内に取り入れることで、酸素を含んだ血液が流れるようになり、それがくすみ知らずの美白肌へと導いてくれることになるのです。

睡眠と美白で改善できるクマの種類

目の下にクマのある方はとても多くいますね。
老若男女問わず、女性でも男性でも、子供でもくまのある子はいます。
しかし、できているくまの種類は人それぞれです。
まず、くまには青くま、茶くま、黒くまの三種類あるのですが、
このうち青くまは疲れくまとも呼ばれ、どの年代にも見られるタイプです。
目の下全体に青黒いくまが広がっていて、いかにも不健康そうに見えます。
疲労が溜まったり、睡眠不足などが原因でできるものですので、
これは十分な睡眠によって改善できる、比較的対処しやすいくまです。
次に茶くまですが、これは色素沈着によってできるタイプで、
日焼けや刺激が原因で色素沈着が起こったために目の下の一部分が茶色っぽくなってしまっている状態です。
これは、美白することによって改善が期待できます。
しみの一種と言えるものなので、市販の美白コスメなどでケアしてもいいですし、
皮膚科や美容クリニックでホワイトニングをしても良いでしょう。
色素沈着タイプはかなり時間がかかるのですが、根気よく頑張れば徐々に薄くすることができるでしょう。
そして、最後に黒くまですが、このタイプはたるみくまや影くまとも呼ばれています。
加齢によって目の下の脂肪が飛び出し、ポッコリふくらんでくる人がたくさんいますが、
この下が影になってくまのように黒くなっているのが原因ですね。
これは睡眠やホワイトニングで消えるものではありません。
目の下の筋トレを行ったり、目の下の脂肪を抜く施術によって改善が期待できます。